公益社団法人 日本空手協会
メニュー

道場概要

ごあいさつ

開設者・指導者
原野和芳

当道場ホームページにアクセスしていただきありがとうございます。
狭い紙面で空手道を簡潔にまとめることは難しいのですが、数ある武道の中でも空手は修練する方たちの人生にきっと大きな財産になると確信しています。
お子さんにとっては、人生という荒波にこれから漕ぎ出す大きな羅針盤として、青壮年の方たちには、心身の自信とリフレッシュに、そして初老以上の方には健康と精神の安寧に役立つものでしょう。

空手道に限らず、このような武道や文化活動に終わりはありません。
若いころ経験されてすべて分かったつもりでも、続けてみると自分が入口にしか立っていなかったこと気づかされることが多々あります。
もちろん、空手はすべての問題や試練への万能の処方箋では無いことは明らかです。
でもどんな課題に対しても、きっと何らかの気づきや切っ掛けを生むものであると考えます。
経験者もあるいは初心者も関係なく、もし少しでも関心があれば是非道場の門を叩いてください。
きっと得難い出会いがあるでしょう。

開設者・指導者 原野和芳

日本空手協会とは

昭和23年(1948年)に設立された日本空手協会は、その社会的活動が高く評価され、昭和32年(1957年)に当時の文部省より「社団法人」として認可を受け、悠久の歴史の中で日本が育んできた武道文化を正しく継承発展させることに努めてきました。
このような努力の結果、平成24年(2012年)3月21日、「公益社団法人」として内閣総理大臣より改めて認定を受けました。

公益社団法人 日本空手協会は、空手道の研究並びに指導によって、その技術の向上と自己鍛錬の普及を図り、それをもって国民の体位の向上と健全な武道精神の涵養に寄与すること、また、礼節を重んじる日本武道の精神を世界各国に広めることによって世界平和に貢献することを目的としています。

日本空手協会と首里手


日本空手協会の開祖の船越義珍先生(右)、
初代首席師範の中山正敏先生(左)

沖縄県では、琉球王国時代には唐手の流派というものは存在せず、主に唐手が盛んな三地域の地名を冠して、首里手、泊手、那覇手の三大系統に大きく分類されていました。
ただし、「首里手」という用語そのものは、泊手や那覇手とともに、主に戦後になって使用されはじめたと考えられています。
首里手は、琉球王国の「手」から発展してきましたが、琉球王府のあった首里に住む、首里士族によって継承・発展してきたと考えられています。

日本空手協会は、船越義珍先生によって開祖された純粋に上記の首里手の流れを組み、日本の四大伝統空手道の一つであり、最大規模の流派です。
アジアに20ケ国、欧州37ケ国、米州19ケ国、中東アフリカ33ケ国に及んでいます。
また日本空手協会から分派した松濤館の流れを組む流派は世界でもっとも支持されており、加盟するには厳正な審査を要しますが、今もその数は増え続けています。
1948年に設立され、中山正敏初代主席師範、杉浦初久二2代目主席師範、そして現在植木政明3代目主席師範を中心に成長発展を続けています。

原支部・勇武館とは

2019年6月に福岡市早良区原に設立されました。設立者は原野和芳です。

勇武館の由来

昭和現在道場の所在と同じ敷地に1971年より1995年まで、開設者の父親である原野勇二(故人)が那覇手の系統の剛柔流の道場を運営していました。
その道場は、父の恩師である上原優希徳先生(故人)より勇武館という道場名を下賜されました。
逝去した父親の空手への想いも継承するために、福岡県の現剛柔館関係者のお赦しの下、勇武館道場とさせて頂きました。